キャッシングの審査が甘いところはあるのか?

キャッシングを利用したいけれど、審査を通過できるか心配な人もいるでしょう。

審査の通りやすさは会社によって差があります。その違いを知らないと、落ち続けることになるかもしれません。

そのような心配をしている人は、少しでも審査の甘いところを選んで申し込むと良いでしょう。そこで今回は、審査の甘いキャシング会社を見分けるためのポイントを紹介します。

収入の証明が不要なキャッシングは審査が甘い

必要となる提出物が少ないところは、厳しいチェックを行っていない可能性があります。

特に収入を証明する書類を求めない会社は、厳しくないケースが多いでしょう。

お金に困って利用したいと思う人の中には、収入が安定していない人も多いと考えられます。そのような人たちは、収入の低さが落ちてしまう原因になりやすいです。お金を回収できる見込みが少ないと判断されるからです。

そのため収入に自信がない人は、収入を証明する必要がない会社を選ぶのがポイントです。

ただし、無審査であることをアピールしている会社には注意が必要です。正規の会社は無条件に融資することはありません。そのため、一切チェックしない会社の場合は悪徳業者である恐れがあります。

無条件ではなく、条件付きで提出が不要になるところを探した方が安全です。たとえば正規の会社であっても、希望額が一定額までなら収入を証明しなくても良いところは少なくありません。

特に消費者金融系のキャッシングは50万円を基準にしているところが多く見受けられます。そのような会社を選べば、希望額がそれ以下なら厳しくチェックされることは少ないでしょう。

金利の設定が高いキャッシングは審査が甘い

キャッシングの金利は会社によって異なります。実は金利によって、融資の厳しさを推察することが可能です。

一般的に金利が低い会社より、金利が高い会社の方がチェックが甘いといわれています。金利を低く設定している場合は、利用者一人あたりから得られる会社の利益は多くありません。

そのため一人ひとりから、しっかり回収する必要があります。その準備として、回収の見込みを判定するチェックを厳しくせざるをえません。

その一方で金利が高い会社は、回収できない利用者がいても、他の利用者から得られる利益によって損失をカバーしやすいです。回収できないリスクをある程度想定して、金利を設定しているといえるでしょう。

そのためチェックも、金利が低い会社より甘くなる傾向があると考えられます。返済額を気にして金利が低い会社に惹かれてしまいがちですが、とにかく借りることを最優先に考えるのであれば、金利の高いところを選ぶのが得策です。

ただし利用後に、高金利の返済に悩まされないように、資金繰りの計画を綿密に立てておきましょう。

自分名義の口座がある銀行は審査が甘い?

キャッシング業者というと消費者金融をイメージしがちですが、実は銀行でもチェックが甘いところがあります。

一般的に銀行はチェックが厳しいといわれていますが、ある条件を満たす場合は通過しやすくなることがあるのです。

それは利用しようとする人が、その銀行の預金者であるケースです。定期預金などの口座を持っている人には、収入や所得の証明を求めない銀行が存在します。

そのような銀行では、厳しいチェックを受けることなく即日の融資を行ってもらえるでしょう。

それだけでなく、利用の際の金利を下げるなどの特典を用意しているケースも見られます。そのためチェックが厳しくない会社を探す場合は、まず自分が利用している銀行について調べてみると良いでしょう。

銀行は総量規制の対象外であるのが大きな特徴です。希望額を年収の1/3に収める必要がありません。大きな金額が必要な場合も、銀行を優先的に調べるのがおすすめです。